恋スキャFX

FX初心者でも空いた時間にぱぱっと稼ぐ、究極のスキャルマジック。


FX初のエンタメ系「光速スキャルピングマニュアル」『恋スキャFX ビクトリーDX完全版』

高勝率で安定して、しかもリスクが限りなく少ないスキャルピング手法で、年間2000万円をFXで稼ぐ、あのFX-Jin直伝のスキャルピングマニュアルです。

”楽して勝てる””一生使える”スキャルピングロジック。

恋スキャFX 詳しくはこちら



恋スキャFX ビクトリーDX完全版
サラリーマンの方が仕事を終え帰宅した後や、主婦の方で1日の家事が終えた後の寝る前に、FXで稼ぎたい・・・・

日常のちょっとした空き時間に、相場から無理なくパパッと稼ぐ力を身につけたいという方の『恋スキャFX』。

スキャルに恋する、サラリーマンの為のスキャルマジック。

リスク管理、取り組む時間、利益率のいずれにおいても恋スキャは理想的なシステム

「スキャルピングは難しいだろう」という勝手な思い込みからスイング、EAを中心に探していましたが、いずれもうまく機能するものがありませんでした。

トレンド、レンジ相場をどう見分けるかが鍵なのかな?と思い始めたあたりからスキャルピングの商材も試してみようと思い始め、その一発目が恋スキャFXでした。

リスク管理、取り組む時間、利益率のいずれにおいても恋スキャは理想的なシステムだと思っています。

まだやり始めてまもないので利益は薄いですが、メルマガでの細かい判断を熟知していけば、コンスタントに利益をあげることが出来ると確信しています。

トレードで大切なメンタルマネジメントも動画を見ることによって、なぜか確立していけるような気がします。

文字ではわかりにくい雰囲気やテンションの感覚が伝わるからなのかもしれませんが、動画を見ることによって自分を客観視できるように思います。

恋スキャFXによりコンスタントな勝率を上げられれば、それはもちろん人生を変えられる大きなことです。 是非今後ともお力添えください。


恋スキャFXで得られる事

他の裁量FXツールに、「恋スキャFX」のロジックを取り入れて効果を倍にしたり、自動売買ソフトのロジックにあなたの裁量判断を加えたり、或いは長い間トレードをやっていなかったけど、チャートを開けば目の前には稼げるポイントがたくさん見つかるようになるでしょう。

● 今まで何回かトレードしたけれど、損失がでたのでやめた。
● トレードの技術を身につけたいけど、修行のような事はイヤ。
● プロと同じような感覚と技術を身につけて勝ち続けてれたい
● 仕事から家に帰って空いた30分でトレードをして稼ぎたい。
● FXで今まで損失を繰り返し退場したが、もう一度がんばりたい。
● 仕事をやりつつ副業として、FXで空いた時間に月50万安定して稼ぎたい。

この様にお思いなら、恋スキャFXがぴったりだと思います。

恋スキャFXの新機能
1、安定感を増した新ロジック。
2、勝ち組トレーダーとFX-Jinの5時間以上の対談。
3、速習パック。
4、高確率のエントリー手法。
5、高速スキャルロジック搭載。


順張りと逆張り型とは

順張り型チャートと逆張り型チャートは、通常MACDを使われます。


順張り型チャートには移動平均線、一目均衡表、MACDがあります。


逆張り型チャートにはストキャスティクス、ボリンジャーバンド、RSIがあります。

これらのチャートは売り買いのサインの参考にはなりますが、あまりに過信するのは禁物です。


チャートの信用しすぎが失敗の原因と、よく聞かれます。


又、チャートは組み合わせることで相乗効果がある場合があります。


上がるか下がるかが50%付近のの確率が、100%でなくても60%、70%に上昇り、長期的には利益が得られているという事になります。


一目均衡表の雲の動きと、MACDの売買サイン、ボリンジャーバンドで乖離を確認します。


「チャートには転換線、基準線、雲、遅行スパン、先行スパン1、先行スパン2」の6つが、ローソク足を囲んでいます。


買いシグナルになるのは、転換線と基準線が上を向きで、転換線が基準線を抜けながら、ローソク足が雲を抜いたときです。


複雑で慣れが必要だからこそ、信用できるツールです。

最初はツールは使いにくいかも知れませんが、信頼されているツールはやはり使い慣れれば、これまでよりも多く利益を上げられるかもしれません。


MACDはトレンドを追っていくチャートです。


線はMACDとシグナル線の2本だけで、買いシグナルはMACDがシグナル線を抜けたときです。


何度も交差することがあるので、なるべく交差が2回くらい繰り返された直後のゴールデンクロスで買うことができたら、上昇トレンドに乗れることが多いです。


ボリンジャーバンドは逆張り型チャートで、一目均衡表とMACDの順張り型チャートを補間する形で使います。


ボリンジャーバンドの主役は平均値からの散らばりを示す標準偏差。

「σ」を使った、2σ線、1σ線、−1σ線、−2σ線などがあり、−2σ線にローソク足が近づいたら、売られすぎを判断することができます。


このようにチャートは役に立つ目安になりますので、使いこなせることで勝率がアップするでしょう。


チャートのお話

チャートとは売買タイミングが読み取れる大事なツールです。


チャートは数値の変化をわかりやすくするツールです。


為替の動きは、前日や今までの傾向に対して、世界の経済状態などから値段が変化しています。そのため、今までに蓄積されたデータが参考となり、チャートを視ます。


100%チャートを頼りにできる訳ではありませんが、過去とは言えデータは真実です。

FXの初心者は、まず傾向を分析する手段として、チャートを読み解く知識は必須でしょう。


恋スキャFXは、エントリーポイントが明確で、さらにレンジに強いロジックですから、動きが鈍い時間帯やレンジ相場でも、往復して利益を積み重ねることが出来るツールです。

また、一度チャンスを見逃しても、次のチャンスがすぐ訪れるので、次々とゲーム感覚でスキャルピングを楽しむことができます。

これが恋スキャFXの強みでもあり武器となっています。

是非あなたのトレードに、資産運用にご活用下さい。

恋スキャFX 詳しくはこちら